2008年05月04日

君といた季節

ゆったりと 流れる川は
陽の光を 受けて弾いて
きらきらと 纏った光で
じゃれるように 遊んでた

やさしい笑顔の君の心(なか)に
求めるものを見いだした
恋(いと)しさ感じたその心
ずっと傍で触れたくて

溢れる気持ちを音色にかえて
誰より大事な君に届けて
恋はやがて愛へと変わり
大切な気持ちを大切に

思い出はほのかに甘く
木の葉の薫に包まれながら
星の粒に変わってゆく
そして二人の心の中へ――
posted by Seraphy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | “Seasons” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。