2007年06月10日

Why fascinate me?

雨上がりの穏やかな空気の中に
凛とした姿でそこにいる君は
何故こんなにも穏やかな僕の心を
掻き乱して魅きつけるのだろう

特別に親しいわけでもなく
何てことのない日常のほんの小さな出会い
以前(まえ)から知っていたわけでもなく
偶然に導かれた儚すぎる出会い

星が輝くほどに短い時間(とき)の中で
ただわずかばかりの会話を交わした
それだけなのに――
そこに残った瞬間(ときは)は今でも息づいている

これからは道の途中で出会っても
すれ違うだけかも知れないけれど
それでもちっぽけなこの僕の心は
君の笑顔を願いながら魅きつけられるだろう
posted by Seraphy at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 4th Note(未完結) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

Memory leads to the Future

もうこんなに時間が経ったんだなぁと
穏やかな窓の外を眺めながら
感慨深気に 懐かしさも抱きながら
ささやかな思い出に浸かってみる

あっという間に過ぎ去っていった時間
振り返るのはほんの一瞬だけれど
あの頃は確かに多くの時間をかけて
多くの感情を絡み合わせながら駆けた

時には幸せを共有し共に微笑った人もいた
時には傷つけ泣かせてしまった人もいた
喜びに満ちた日も 悲しみに暮れた日も
過ぎ去りし日々は色褪せることなく心の中に――

出会った全ての思いと 消えることのない想い
その全てをこの小さな背に背負いながら
果てしなく続く日々をまた歩んでいくんだろう
また新しい思いと輝かしい想いと出会いながら
posted by Seraphy at 22:42| Comment(1) | TrackBack(1) | 4th Note(未完結) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

星降る夜に

窓の外から そっと入る風
涼しい夜の 涼しい風が
この 星降る夜には
ちょうどいい

空を見上げてみれば
昼間には 思いもよらない星の数
遠い空 そこで小さく光る星
まるで夢の中のような 美しさ

時計の針は もう真夜中を示しても
夜空の星のパーティーは
これから 始まっていく
とても静かに でも華やかに

こんな夜には
色々な思いが 心の中を駆けてくね
君の心には どんな思いがあるのかな
時間はたっぷりあるからさ――

思い巡らすのもいいかもね
こんなに 静かで綺麗な夜だから
時間をかけて ゆっくりと
心の中に 色んな思いを巡らせよう――
posted by Seraphy at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 2nd Note(未完結) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

Silent

静かなる 夜にそっと君想う
耳に流れる 無音のメロディ
君のやさしい 歌声に
僕は心を 奪われて

誰にも今は閉ざしてる
僕の心をもし君に
開くことができたなら
僕は君に 救われる

静けさは 心一杯広がって
もう届くのは 君の小さな言葉だけ
だけど今は それでいい
夜空を駆けて 心よ届け――

もしも君が 良いのなら
僕を支えてくれないか?
一人きりの この僕に
素直な心で触れてほしい

静けさに やすらぎ感じる夢の中
寂しさで 涙を流すは夜の星
メッセージ 待っているのは君の声
夜もふけて 響き渡るはSilent――
posted by Seraphy at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 3rd Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

Be with you

昨日までは何もなかった
でも今は 広い部屋の片隅に
冷たい涙にうずくまる
君の姿がそこにある

優しすぎる君は
誰かを傷つけることを拒み
悲しすぎる君は
大切な自分を傷つけてしまう

そんな悪循環の中を
ただ駆け抜けていく君を
止めることが叶うならば
君は少しでも救われるかな

優しすぎる君は
こんな僕の思いさえ
悲しすぎる君で
拒んでしまうのかも知れないね

それでも――
僕にとって大切な
尊く愛すべき君だから
君を少しでも支えたい

君の傍で...
posted by Seraphy at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 4th Note(未完結) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

詩森(うたもり)の歩き方

心に響く詩声たちの森、略して「詩森(うたもり)」を
観てくださってありがとうございます★

今回は、この『詩森』の歩き方をご紹介します。
私の詩は現在4色に分けられて掲載していますが、
それは創作された時期によって分かれています。

1stノート完結(高校時代) ここでは、
「この色です」
2ndノート未完結(高校時代〜現在) ここでは、「この色です」
3rdノート完結(大学前期〜大学中) ここでは、「この色です」
4thノート未完結(大学中期〜現在) ここでは、「この色です」
このように、ノートごとに色が統一されています。

また、詩はすべてカテゴリごとに分類されています。
右のメニューからカテゴリ選択をしていただけると、
そのカテゴリに関する詩を読むことができます。
ただ、基本的には恋の詩が多いです・。・。・。☆ミ

カテゴリで“○○○”となっている詩はシリーズもの(?)みたいなもので、
一応詩の流れに一貫性が保たれています。
古い順に読んでいくとつながるようになっているので、
こちらの方も楽しんでいただけると幸いです。

ケータイで閲覧していただいている方ですと、
色の分類やカテゴリ別で読むことはできませんので、
パソコンで読むほうがわかりやすいかも知れません。


『詩森』はリンクフリーとなっております。
ご自由にペタペタ貼っていただいてかまいません。
相互リンクは随時受け付けておりますので、お気軽にお尋ねください。
リンクやお気に入り(Bookmark)への登録の際は、
http://poet-poems.seesaa.net/ でお願いします。

それでは、これからも『詩森』をよろしくお願いします☆彡
posted by Seraphy at 09:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

はじめまして☆

ヒトリ旅が好きな詩人のSeraphyです☆
どうもはじめましてですm(_ _)m

このブログでは、
私の心、Heartが生み出した詩声を、
みなさんの心、Heartに届けていきます。

Heartから生まれた詩声は、
必ずHeartに響いてくれるはずです。

そこから得られる“想い”は人それぞれ、
まったく違ったものになるでしょう。

それでも、あなた自身が感じた想いを、
あなた自身が何より大切にして、
そこから生まれる未来へと運んであげてください。

それでは、どうぞ詩声の森を楽しんでください♪
posted by Seraphy at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。